八重歯・乱ぐい歯の矯正治療 - 歯列矯正専門医 ふなき矯正歯科(東京都町田市/世田谷区経堂)

町田クリニック:042-728-7977
経堂クリニック:03-5450-1717


八重歯・乱ぐい歯の矯正治療

八重歯は犬歯が飛び出ている状態をさし、乱ぐい歯は歯並びがでこぼこの状態をさします。専門的には叢生(そうせい)と呼ばれます。たとえば小さなあごに大きな歯がならぼうとしておきるので、両方が一緒の症状として出ることが多いです。欧米ではドラキュラの歯といって嫌がられます。 また頻繁に食べものが詰まり、磨きにくさから歯磨きも不十分になりがちです。その結果、虫歯や歯周病になりやすく、口臭が起こる場合もあります。

スマイルへの影響
唇が八重歯やデコボコした歯に引っかかり、引きつれたような不自然な笑顔になりがちです。

八重歯・乱ぐい歯の治療方法

矯正治療では歯とあごの大きさが異なっている場合、成長の終了していない子どもであれば、あごを拡大することもあります。またデコボコが大きい大人の場合は、歯を抜くこともあります。

八重歯・乱ぐい歯の治療例

犬歯が前に出ています。 となりの前歯が奥に引っ込んでいます。

症例写真:八重歯・乱ぐい歯の矯正治療前

すき間を作るために歯を抜いてマルチブラケットをつけました。 犬歯を並べながら、後ろに動かします。

症例写真:八重歯・乱ぐい歯の矯正治療中

犬歯の位置も治り、キレイな磨きやすい歯並びになりました。

症例写真:八重歯・乱ぐい歯の矯正治療終了時


資料請求・お問い合わせ

初診相談Web予約

ページ上へ